ツーリング

ツーリングで『先導』をする

バイク
Pocket

ジジ
ジジ
マスツーリングで先導をした事はありますか?

初子
初子
ありません!いつも人の後ろを走っています(笑)

ジジ
ジジ
先導したいと思った事は?

初子
初子
それはあるけど… 無理かな~

ジジ
ジジ
今は無理かもしれないけど、ツーリングに慣れてきたらぜひ先導をしてみて下さい!

 

が変わりますよ!

 

 

先導とは?


先導とは、マスツーリングなどで複数走行をする時に

グループの先頭を走り誘導する ことを言います。

 

言わばグループを代表する 隊長! この先導がとにかく 目立つ!

 

…と、カッコイイこと言いましたが、先導をやりたがる人は残念ながらあまり居ません…。

「道を知らない」とか「ルートを間違えたら…」などの理由で敬遠されてしまいます。

 

先導は地理に詳しい人ベテランライダーが向いていますが

ツーリングに慣れてきたら、是非チャレンジしてみましょう。

人の後ろを走っている時とは 世界観 が違いますよ!

 

道を間違えても、時間がかかっても大丈夫!

やさしい仲間がきっと助けてくれるはず!

 

私もたまに先導させてもらいますが、しょっちゅう道を間違えますよ(笑)

「ああ、またUターンかよ…」って声が聞こえる _| ̄|〇

 

ツーリングで大切なのは 楽しく走り   無事に帰る ことなんです!

ジジ
ジジ
最初から完璧な先導が出来る人はまず居ないでしょう。経験を積むことによって先導に必要な技術や知識が身に付いてきますよ!

 

先導の役割


先導での一番大事な役割が 

グループを目的地まで安全に誘導する ことです。

 

『これが重荷になるのよね~』っていう人は

あまり深く考えずに、小学校の登校班を思い出してみて下さい。

あの時の 班長 みたいなもので、徒歩かバイクの違いだけです。

 

先導と言うと難しく聞こえてしまうので、ソロツーリングだと思えば気が楽になりますよ。

だってソロツーリングって常に先導みたいなもんですよね(笑)

 

 

 

ジジ
ジジ
では先導をする時の注意点などを見ていきましょう!

①安全運転
基本中の基本です。まずは自分自身が安全運転をしましょう。後続メンバーはあなたの速度に合わせて走ります。法定速度を守り、無理なく付いて来れる速度で走行しましょう。歩行者や自転車、他の車両への思いやりも忘れずに!

 

②後方確認
ミラーを使って後続のメンバーが離れすぎていないか信号にかかっていないかを(時々)確認しましょう。特に信号の多い市街地などでは分断してしまう事があります。

初子
初子
もし分断したらどうすれば?

ジジ
ジジ
安全に停車出来る、見通しの良い場所」で後続メンバーを待ってあげましょう。カーブ直後や道幅のない道路への停車は危険ですよ!

 

③全体確認
信号で停車した時など、(時々)後ろを振り返って後続メンバーの状態を確認しましょう。トイレや給油に行きたい人がいるかもしれませんよ。

 

④ルート確認
事前に先導する事が分かっている場合は、地図やナビで走行ルートの予習をしておきましょう。実際に下見で走ってみるのも良いですが、目的地が遠いとそうもいきません。そんな時はグーグルマップの航空写真でルートを見ると、実際の走行に近い感じで確認が出来ますよ。

 

⑤追い越し
走行中の追い越しは一人だと簡単に出来ますが、マスツーリングでは全員が追い越せない場合もあります。極端に遅い車両は追い越せば良いのですが、法定速度で車が流れている時など、必要のない追い越しは出来るだけ控えましょう。

 

⑥ウインカー
ウインカーは早めに出しましょう。後続メンバーの中にはルートを把握していない人がいるかもしれません。曲がる直前にウインカーを出されると気付かない事もありますので、少し早めに出すようにしましょう。ウインカーと同時に手信号を使うと後ろのメンバーにも分かりやすく伝わります。

 

⑦その他
次の停車場所(休憩等)を全員が把握しておくと、途中はぐれた場合でも自力で行くことが出来ます。そういった緊急時に備えて「次は〇〇まで走ります」「〇〇で休憩します」と出発前に伝えておくのが良いですね。また、メンバー全員の事を考えて1時間~1時間半に一度は休憩を入れましょう。

 

初子
初子
夏にバイクに乗る時は 水分補給休憩 を忘れずにね!


最近では利用している人も多い インカム! 走行中でも会話が楽しめる便利な無線機です。これがあれば最後尾から先導へ後ろの状況を伝える事ができるので、先導は負担が減り道案内に集中できます。

 

最後に…


ツーリングの走行順において、先導はとても重要なポジションです。

後ろを走っている時に比べると確認事項が多いですが

全ては 安全にメンバーを誘導する ための行動です。

楽しく、快適なツーリングにするためにも、安全面には充分気を付けましょう!

 

また、他の人が先導をしている時は

どのような動きをしているか?

確認はどうやっているか?

などをしっかり見ておき、良いところは取り入れていきましょう!