バイク

ツーリング中に起こったトラブル!その時どうした!?

Pocket

※この記事は約分で読めます。

 

トラブルは突然やってきた!

長年バイクに乗っていれば、誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか?

 

 

私の場合、車でのトラブルは『皆無!』と言ってよいほど問題が起きないのですが

これがバイクになると何故かそうもいかないのです。

 

そこで今回は、私がツーリング中に遭遇したトラブル について紹介します!

(私自身はもちろんですが、一緒に走っていた人に起きたトラブルも含みます)

 

また、その時にどのような対処をしたかも併せて書きますので

今後のトラブル時の参考にしていただければ幸いです。

 

パンク

過去に2回経験があり、いずれも走行中にタイヤに違和感を感じる。

2回とも後輪に金属片が刺さっていましたが、幸いにも少し空気が抜けていただけだったので

そのまま行きつけのバイクショップへ持ち込み修理してもらう。

 

気になる費用ですが、1回目が約2,000円(簡易修理)

2回目が約6,500円(完全修理)だったと思います。

 

2回目のパンク以降は乗車後にタイヤに異物が刺さっていないか

毎回確認するようになりました。

ジジ
ジジ
運行前点検も大切ですが、乗車後にちょっとバイクを見るだけでトラブル回避率が上がりますよ。

 

バイクがパンクしてしまったら… 朝起きたらタイヤの空気がなかった… 昨日は乗れたのに…   このように何の前触れも無くやってくるのがタイヤのパンクです! いつ、どこで...

バッテリー上がり

ツーリング中にいきなりエンジンがかからなくなったことがあります。

これは何回か経験があり、その都度対処法も違いました。

バッテリー上がり時に行った対処法として…
●押しがけをする(キャブ車)
●ショップやガソリンスタンドで充電してもらう
●ブースターケーブルやジャンプスターターの使用

ジジ
ジジ
ブースターケーブルをバイクに積んでいる人はあまりいません。車なら積んでいる人もいるので、どうにもならない状況の場合には、通りすがりの車に声を掛けお願いしてみましょう。

 

 

押しがけやケーブルを使ったエンジン始動は、あくまでも応急処置です。

できるだけ早く専門店でみてもらい、必要に応じて交換・充電を行いましょう。

 

【バイク】どうしてバッテリーは上がるのか? ※この記事は約4分で読めます。 だんだんと暖かくなってきて、バイクも冬眠から覚める季節になりました。 久しぶりにバイクに乗ろうと思っ...

各部位の損傷

立ちゴケや転倒により車体にダメージを受ける場合があります。

私が今まで見た損傷箇所は…
●ブレーキレバー、クラッチレバーが折れる
●ブレーキぺダル、シフトペダルが曲がる

●ミラーが割れる、折れる
●ウインカーが割れる

上記のような損傷をした場合、そのままでは走れません。

もちろん安全上の理由が第一ですが、場合によっては道交法に抵触する事も考えられます。

 

立ちゴケ程度の損傷なら車体へのダメージも少なく

ガムテープ・針金・結束バンド

があれば応急処置で対処できる場合もありますので

いざという時の為、常備しておくことを強くオススメします。

 

 

 

また、転倒が発生しやすい状況を把握しておき回避に努めましょう。

●発進、停車時
スピードが出ていないとバイクはとても不安定です。スピードに乗るまで、または完全に停車するまで気を抜かずにいましょう。

 

●シフトチェンジ時
1速→2速へシフトチェンジする時、誤ってニュートラルへ入る事がたまにあります。気持ちと身体は前に行こうとしてるのに、実際は空ぶかし状態に。このギャップでバランスを崩すことがあります。

 

●Uターン時
一番転倒リスクが高いのではないでしょうか? 焦らず、落ち着いて、ゆっくりと行いましょう。どうしてもできない場合は、バイクを降り押して方向転換する勇気も必要です。

ジジ
ジジ
Uターンは苦手な人が多いので、あまり気にする必要はないですよ!

 

●砂利道(ダート)走行時
オフロード車に乗っている人は大好きな道かもしれませんが、ほとんどの人は苦手です。ガタガタするし、小石は飛ぶし、バランスは取りにくいし…。

砂利道を走るコツとしては…
①バイクを倒さない(出来るだけ垂直に)
②ニーグリップをしっかりする
③前車との距離を多めにとる
④スピードは控え、急加速、急ブレーキを避ける です。

 

更に 雨の日 はスリップにも気を付けましょう!
●道路上の白線や黄線
●マンホール
●工事中の鉄板
●水たまり などが滑ります。

 

特に雨の降り初めには…

路面に油分やホコリ、泥などが浮いてきてとても滑りやすい

ので注意が必要です。

 

ヘッドライト切れ(LED)

ツーリング中、前を走るメンバーから『ライト暗くない?』って指摘を受ける。

コンビニに寄って確認すると、確かに暗い。

まったく点いてないわけではないが、明らかに光量不足。

 

この場合、ロービーム側のバルブは切れているが

ハイビーム側は普通に点灯している事がほとんどなので

下記の方法で対処できます。

●ライトをハイビームにする
●ライトが上方向を照らさないようにガムテープなどを貼る
(これは対向車が眩しくないようにする為の処置)

帰宅後、すぐにバルブを注文して交換しました。

 

気付かなかった要因としては…
●夜間はほとんど乗らない
●マスツーはいつも後ろの方を走っていて、トンネル内でも暗いという感覚がなかった
●LEDがそんなに早く切れるとは思いもしなかった

ジジ
ジジ
灯火類の点検も重要です。乗車前にはヘッドライト、ウインカー、ブレーキランプ、ハザード(車種による)の確認をしましょう!

ガス欠

ガス欠は運転手の恥!とも言われますが、知人が一度やらかしました。

ガソリンを満タンにせず出発したのですが、途中で道を間違えてしまい結果ガス欠に。

不幸中の幸いか、ガス欠地点から1kmほどの場所にガソリンスタンドがあったので

何とか給油できました。(重たいバイクを20分近くも押してました)

もしこれが『山中で起こってたら…』と思うとゾッとします。

 

集合時にはガソリン満タン!

半分無くなったら早めに給油!

を実感させられました。

ジジ
ジジ
積載に余裕のあるバイクであれば、ガソリン携行缶を携帯しておく方法もあります。

最後に…

実際にあったトラブルをいくつか紹介しましたが

上記以外にもたくさんトラブルは存在します。

 

オーバーヒートした、クラッチワイヤーが切れたなど

人から聞いたものを挙げればきりがありません。

 

でも一つはっきり言えるのは

トラブルは予告なく発生します!

 

前兆があれば防げるかもしれませんが、トラブルのほとんどは突然やってきます!

そんなトラブルも運行前点検や乗車後の点検を行うことで、遭遇率がぐっと下がります。

 

自分での点検が不安な人は、バイクショップや用品店が行っている

無料点検などを利用する方法もありますよ。

 

何もしていないとトラブルに遭遇する確率は高まりますので

大事な愛車の為にも時間を作って点検するようにしましょう。

 

また、いざという時のためにロードサービスには必ず加入しておきましょう。

 

【バイク】ロードサービスの重要性 ※この記事は約4分で読めます。 ツーリング中のトラブルって嫌ですよね。 長年バイクに乗っていると、一度は経験があるのではないでしょう...