バイク

【バイク】タイヤの皮むきって何?

バイクタイヤ
Pocket

皆さんこんにちは!

平成から令和への変わり目にあった大型連休を利用して

九州ツーリングへ行って来たたジジです。

 

4泊5日の長丁場でしたが、天候にも恵まれとても快適なツーリングになりました。

平均して1日400kmを走り、走行距離も2,000kmオーバー!

 

なので・・・

そろそろタイヤ交換をしないといけない状態になってきました。

 

そこで今回は、タイヤ交換時によく聞く

『タイヤの皮むき』についてです。

 

『何それ?』
『必要なの?』

『どうやるの?』

など、タイヤの皮むきについて色々見ていきましょう!

 

タイヤの皮むきって?

新車購入時やタイヤを交換した時に

『タイヤが滑りやすくなっていますので、お気をつけ下さい』

とお店の人に言われます。

 

更に・・・

慣らし運転をして下さい!』

または

タイヤの皮むきをして下さい!』

と言われる事もあります。

 

滑る? 慣らし? 皮むき?

何じゃそれ?…って思った事もあるはず。

 

実は 慣らし=皮むき であり

新車の車やバイクに慣らし運転があるように

新品タイヤにも慣らし(皮むき)が必要なんです。

 

ジジ
ジジ
ここでは分かりやすくするために
皮むきと表現していきますね。

 

皮むきって必要なの?


結論から言うと必要です!

 

タイヤには製造過程で

離型剤などの薬剤が使用されています。

 

ジジ
ジジ
離型剤とはタイヤなどの製品を
型枠からスムーズに取り出す為の薬剤を言います。

 

新品タイヤの表面にはこの離型剤が残ったままになっており

これが滑りの原因となります。

 

そして

この離型剤を剥がす作業皮むきなんです!

 

初子
初子
作業って何か難しそう…

ジジ
ジジ
それは大丈夫!
女性にでも簡単に出来ますので安心してください!

 

皮むきの方法

タイヤの皮むきにも色々なやり方があり

ヤスリや洗剤(クリームクレンザー系)で削る方法もあるみたいですが

そんな事をしなくても

普通に走っていれば自然とタイヤの表面が削れてきます。

 

ただし、交換前と同じ感覚で走るのは 危険 です!

 

最初にも言ったとおり

『新品タイヤは滑りやすい』のです。

 

ジジ
ジジ
では皮むきをする時の
注意点を見ていきましょう。

 

皮むき時の注意点

私が皮むき時に気をつけている事を挙げてみます。


ひとことで言うなら『いつも以上に安全運転』です!

 

①スピードは控えめに!
いつもより速度を1~2割抑える気持ちで運転しましょう。交換直後、カーブ走行時の速度には特に注意しましょう。

 

②『急』がつく運転はダメ!
中でも『急発進』『急停止』は危険ですので絶対に止めましょう。また、クラッチはそっとつなぐように心掛けましょう。

 

③カーブでは倒しすぎない!
少しずつバイクを倒していくようにしましょう。スピードを抑えていると、あまり倒さなくても曲がれますよ。

 

④マンホールや白線に注意!
通常時でも滑る事がある場所です。特にカーブの途中にあるマンホールや白線には要注意です。

 

⑤タイヤ全面を皮むきしなくてもOK!
タイヤの端から数センチは皮むきしなくても問題ありません。無理な皮むきは必要以上にバイクを倒さないといけない為、かえって危険です

 

ジジ
ジジ
私はタイヤの皮むきを4~5回経験しています。
カーブを走行する時の速度や倒し方には注意しますが、
それ以外は通常時の運転とあまり変わりません。

 

 

どのくらい皮むきをするのか?

距離で言うと100km程度が理想ですが

50km前後で皮むきを終える方もいらっしゃいます。

 

大切なのは距離ではなく『どんな道を走ったか?』です。

 

例えば高速道路直線道路ばかり100km走っても

タイヤの中央部分しか削れません。

(中央部分は特に意識しなくても、普通に走っているだけで皮むき出来ます)

 

まんべんなく皮むきをする為には、カーブがある道を走る事です。

 

かと言って、いきなりカーブのキツイ道を走るのは危険なので

最初はやさしいカーブのある道を中心に走行し

慣れてきたらカーブの多い道を走るようにしてみましょう。

 

初子
初子
タイヤメーカーやバイクショップなども
『皮むきは100kmして下さい』と言うトコがほとんどです!

 

皮むき走行の100kmは1日で走っても良し、20km×5日で走っても良し!
自分の走行スタイルに合わせて行ないましょう!

 

最後に…

タイヤにもメーカーや種類により色々なタイプがあり

皮むきの距離が異なる場合もあります。

 

基本は100km程度で問題ありませんが

不安があれば交換時にショップの人に聞いてみましょう。