バイク

暑さ対策をして夏でもバイクをエンジョイしよう!

Pocket

※この記事は約分で読めます。

 

身体が溶けそうなほど暑い日が続いてますね。

7~8月は暑すぎてバイクに乗るのも億劫になりがちです。

でも、そんな暑い夏でも、ちょっとした工夫で快適に乗れるんですよ。

 

今回は私が実践している『夏に快適にバイクに乗る方法!』について紹介します。

 

服装について

まずは基本中の基本、服装についてです。

たまに半袖半パンでバイクに乗ってる人を見かけますが

あれ、あまり涼しくないんです!

どちらかと言うと、肌に直射日光が当たるので結構暑いし

後々、日焼けで大変なことになったり…。

 

更に半袖半パンが危ないのは、転倒したり飛び石が身体に当たった時です。

もうこれは言わなくても分かりますよね!?

 

これらの事を踏まえて、バイクに乗る時は

『肌を露出させない服装』を心がけましょう!

 

ただ、肌を露出させないからと言って、冬用の装備では暑くてたまりません!

そこで夏でも快適に走れて、肌を露出させない安全装備が

メッシュ素材を使ったバイクジャケットです。

詳しくは☟

夏
夏のツーリングはメッシュジャケットがオススメ! 梅雨が明けると本格的な夏がやって来ます! ライダーである以上、暑かろうが寒かろうがバイクに乗っちゃいますよね!   そこで… 『暑い夏...

グローブやシューズにもメッシュ素材を使った製品がありますよ!

 

 

ズボンはライディングパンツやジーンズでも問題ありませんが、私がオススメしたいのはワークマンの『4D冷感アイスパンツ』です。接触冷感なので暑さをー5℃軽減する効果があったり、ストレッチ素材なので動きやすかったりと良いこと尽くめ!お値段も2,900円(税込)とお手頃です。(このズボンにはプロテクターが入ってないので、安全性を高めるためにも別途着用を推奨します)

引用元:WORKMAN

 

メッシュジャケットの下に着るインナーについては、『吸汗速乾』『クールドライ』の製品が涼しく快適です。ユニクロの『エアリズム』もオススメですよ。

引用元:ユニクロ

走る時間帯について

1日の内で一番気温が高いのが昼の2~3時頃

一番涼しいのが朝の5~6時頃と言われています。

 

夏の日のツーリングは最も日差しが強い昼時を避けて・・・

・早朝ツーリング(朝6時頃~昼前まで)
・ナイトツーリング(夕方5時頃~)

に行くって方法もあります!

ジジ
ジジ
夏の日の夕方はヘルメットやバイクに大量の虫が付く『虫アタック』が起こります💦


ただ、朝夜は乗れないので、どうしても日中に走りたいって人は

気温が高い時間帯(午後2~3時頃)に昼食をしたり、あえて長めの休憩を取ったりして

直射日光に当たる時間を少しでも減らすようにしてみましょう。

 

熱中症のリスクも減りますし、疲労具合が違ってきますよ。

休憩場所について

休憩場所の定番と言えばやはり『コンビニ』ですよね!

ただ、夏場に限ってはこれは当てはまりません!

何故ならコンビニには・・・あまり日陰が無い!

 

ツーリング中のトイレや短時間休憩ではコンビニが重宝しますが

長めの休憩やしっかり身体を休めたい場合には、夏場のコンビニはあまり向きません。

数人ならともかく、マスツーリングや大所帯のクラブが休憩するにはちょっと狭いですよね。

 

なので・・・

夏場の休憩に向いてる場所は、ずばり『道の駅』です。

駐車場は広いし、日陰もたくさんある!

トイレやベンチも多く設置されており、夏場のライダーにとってはオアシスです。

 

ですが、コンビニの数ほど道の駅はありませんので

事前に道の駅を把握しておくことをオススメします。

 

地域によっては『山の駅』とか『川の駅』があったり

正式に道の駅に登録されていなくても、似たような施設があったりするものです。

初子
初子
高速道路を利用するライダーにとっては、SAやPAがオアシスですね

冷却アイテムの紹介

夏のツーリングで使いたい(持っておきたい)冷却アイテムを紹介します。 

 
 
 
 
 
 

最後に…

暑い中でのツーリングは何かと不便が多いですが

少しでも快適に乗れるように、私が実践している事を紹介しました。

 

また、上記以外にも水分補給をこまめにしたり

前日は睡眠をしっかりとるなど

体調面にも気を配りましょう!

 

まだ厳しい暑さが続きそうですが

コロナに負けず暑さに負けず

楽しいバイクライフをエンジョイしましょう!