ツーリング

ツーリング中、『先導』でやっていること!

Pocket

複数で走るマスツーリング!

誰がどこを走るのか決まらない時ってありますよね?

特に一番前を走る先導!

 

先導って・・・

運転が上手で、道に詳しい、ベテランがするもの

・・・と思っている人がほとんどでしょう!

 

確かに上記に当てはまる人が理想ですが

集まったメンバーにベテランがいなかったりして

そうはいかない時だってありますよね。

 

 そんないつかはやってくるであろう日のために、私が先導で

・心掛けていること
・注意していること

・実践していること を紹介します。

 

初めて先導をする人の参考になれば幸いです。

ジジ
ジジ
ちなみに私は…
運転が上手くもなければ道も詳しくない
ただ走るのが好きなだけライダーです(笑)

先導でやっていること

走行順

参加メンバーにお願いして二番目、真ん中、最後尾は経験者に走ってもらっています。二番目は何故?って思われるかもしれませんが、ツーリング中はずっと千鳥走行で走る訳ではなく、道路状況に応じて一列走行へ切り替える必要があるので、その判断を二番目の人にしてもらっています。この判断が初心者には意外と難しい…。

ツーリング中の千鳥走行(ちどりそうこう)について 道交法で決まっているとか、絶対にしないといけないとか… と言う大げさなものではありませんが、複数で走る時に推奨される並び方で 千鳥...

前後の確認

前方8、後方2の割合で見ています。前方の安全確認はもちろんのこと、『後続車が付いてきているか?』『間に他の車両が入っていないか?』などを時々ミラーで確認しています。

ジジ
ジジ
後ろばかりに気を取られないように注意しています。もし、後方に何かあったら後ろのライダーにクラクションで知らせてもらっています。

初子
初子
こんな時インカムがあると便利なんですよね!

インカムを使って快適なツーリングをしよう! 走行中でも仲間達との会話が楽しめるインカム! 昔と比べると使っているライダーも増えてきましたが まだまだ購入を迷ってる人も多いはず! ...

右左折時

交差点の多い道路では『いつどこで曲がるのか?』が後ろのライダーには分かりません。ウインカーを見落としたりする事も考えられるので、少し早めに合図を出したり、ウインカーと同時に手信号を使うようにしています。この手信号はウインカーの故障時にも使えるので、非常手段として覚えておくと良いですね。


画像出典:原付免許とっちゃお

 

追い越し

出来る限りしませんが『片側2車線以上の道路』または『登坂車線』では行なうことがあります。たとえ追い越しが可能な白色の破線区間でも片側1車線では安全面を考え、追い越しはしません。台数が多いと時間も掛かり、距離も必要になりますからね。

ジジ
ジジ
あと、マスツーリングではすり抜けはしていません。
苦手な人もいますから…。

 

信号

歩行者信号(青点滅)にも目をむけ、本信号(車両用)が赤になるのを予測しています。ただし、歩行者信号がない、歩行者信号と本信号に時差がある、歩車分離式信号の場合もあるので注意が必要です。

ジジ
ジジ
グループ分断が最も多いのが信号なんですよね。


 

分断

信号や交差点でメンバーが分断した場合は、見通しが良く、ある程度の広さがある路肩で待っておきます。この時、カーブの途中(見通しが悪い)や他の車両の迷惑になる場所での待機はしないように気を付けています。

 

駐車

休憩などで駐車場に入るときは、なるべく全員が同じ場所に停めれるスペースを探します。このとき瞬時に『あそこだ!』と決められるとカッコイイですよね。

ジジ
ジジ
私はなかなか決められません(笑)

 

給油

個々に行かないで、出来る限りまとまって行く様にしています。朝、満タンの状態で集合していればお昼前後までは走れます。そうすれば食後にまとまって行くことができ、時間の節約にもなります。

 

道を間違えた時

焦らず落ち着いて、Uターンができる場所を探します。どうしてもUターンが出来ない人がいる場合は、バイクを押して向きを変えるか広い駐車場や交差点を利用して(何回か曲がって)引き返す方法もあります。道を間違えていなくても、工事や事故でUターンを余儀なくされることも…。

ジジ
ジジ
誰でも間違えることはありますよ!



その他

事前に先導することが分かっていれば、ツーリングマップルやグーグルマップを使ってある程度ルートの下調べをしておきます。グーグルマップはリアルタイムの道路状況(混雑や通行止め)が分かるので便利ですよ。

 

最後に・・・

自分が後ろを走っていた時は『先導がこう走ってくれたら・・・』

合図がこのタイミングで出たら・・・』など色々なことを思っていました。

 

また、全てのライダーが同じスキルを持っている訳ではなく

得意なこと、不得意なことがあるんだとも感じました。

 

そんな経験から先導を行なう際には・・・

安全第一を最優先とし
後続ライダーの気持ちを考え
ストレスなく快適に走れる

よう心掛けています。

 

ジジ
ジジ
特に初心者には思いやりを持ってあげることが大切ですね!

初子
初子
速く走る、早く着くだけがツーリングではないですよ!