バイク

【バイク】ロードサービスの重要性

Pocket

※この記事は約分で読めます。

 

ツーリング中のトラブルって嫌ですよね。

長年バイクに乗っていると、一度は経験があるのではないでしょうか?

 

代表的なものと言えば…

・バッテリー上がり
・パンク
・ガス欠 など。

 

自分のバイクは大丈夫と思っていても、トラブルはいつ起こるか分かりません!

いざという時のために、ロードサービスには必ず加入しておきましょう。

 

ロードサービスとは?

初子
初子
ロードサービスって、そもそも何ですか?

ジジ
ジジ
バイクや車が故障で動かなくなった時に、応急対応してもらえるサービスです。

初子
初子
どうやって入るんですか?

ジジ
ジジ
例えばロードサービスで有名な『JAF』に入会する場合、インターネットから申し込みが出来ます。また、会費もクレジットカードやコンビニ、郵便局などからお好きな支払方法が選べますよ。

このロードサービスに加入しておけば、愛車にトラブルが発生しても

無料で対応してくれます。(状況により有料になる場合もあり)

 

例えば、バッテリー上がりの場合、JAF会員は無料!

非会員は13,130円!(昼間の一般道での作業)

 

他にも、パンクやキーの閉じこみをした場合も

会員は無料!、非会員は上記とほぼ同額の金額を請求されます。

ジジ
ジジ
この金額を見るとロードサービスの重要性が分かりますね!

 

ちなみにJAFに入会する場合・・・

入会金が2,000円、年会費が4,000円です。(個人会員)

尚、クレジットカードによる『オンライン入会』や『会費一括払い』をすると割引も受けれます。

 

JAFについて詳しくは コチラ より。

 

任意保険にもロードサービスがある!?

現在、ほとんどの任意保険にはロードサービスが付帯しています。

自分が加入している保険会社のロードサービスについて把握していますか?

保険会社により内容も様々ですので、一度確認をしておきましょう。

もし、自分に必要なロードサービスで無い場合は、保険を見直す必要もありますね。

 

【主な保険会社のロードサービス内容】

・チューリッヒ
・アクサダイレクト
・三井ダイレクト損保
・三井住友海上
・損保ジャパン日本興亜
・あいおいニッセイ同和損保

 

初子
初子
保険にロードサービスが付帯しているなら、JAFは必要ないのでは?

ジジ
ジジ
確かにそうかもしれませんが、JAFと保険会社のロードサービスには以下のような大きな違いがあります。


保険会社のロードサービスは『車両』に対しての保険になりますので

1台のバイク(車)にしか適用されません。

 

逆にJAFは『人』にかかるサービスなので

レンタカーや会社の車など、マイカー以外のトラブルにもロードサービスが使えます。

さらに割引などが受けられる優待施設が日本全国に47,000ヶ所もあるんです。

初子
初子
ロードサービス、割引制度、優待施設と会員特典が充実しているんですね。

ジジ
ジジ
任意保険のロードサービスだけで十分な場合もありますが、乗車状況に応じて検討してみましょう。

 

レッカーサービスの比較

ジジ
ジジ
保険会社別のレッカーサービス内容を比較してみました!

  レッカーサービス
JAF会員 15kmまで無料。15km超過1km毎に730円。
JAF非会員 基本料+作業料+1km毎に730円。
※基本料(昼:8,380円/夜:10,480円) 作業料はJAF規定による。
チューリッヒ 100kmまで無料。(修理工場指定可)
アクサダイレクト ロードサービスセンターが指定する最寄りの修理工場までなら、距離の制限なく無料。
三井ダイレクト損保 距離の制限なく無料。修理工場指定の場合は50kmまで無料。
三井住友海上 約500kmまで対応。レッカーにかかった費用をロードサービス費用特約でお支払い。(上限及び一部自己負担あり)
損保ジャパン日本興亜 ロードアシスタンス専用デスクに事前連絡をしていただき、損保ジャパン日本興亜の指定する修理工場などにレッカーけん引する場合は、無制限。
あいおいニッセイ同和損保 約200km相当まで対応。1回につき15万円限度(車両保険をセットする場合は、車両保険金額の10%、または15万円のいずれか高い金額)

 

初子
初子
すべてが無料ではないのですね。

最後に…

ロードサービスの重要性についてまとめてみました。

 

近年のバイクや車は技術の進化により、故障は少なくなってきましたが

いくら技術が進化しても避けられないのが

バッテリー上がりパンクなどのトラブルです。

 

もしこれが誰も居ない山中やロングツーリング中に起こったら大変です。

不測の事態に備えて、ロードサービスには必ず加入しておきましょう!