バイク

バイクがパンクしてしまったら…

Pocket

朝起きたらタイヤの空気がなかった…

昨日は乗れたのに…

 

このように何の前触れも無くやってくるのがタイヤのパンクです!

いつ、どこで、誰に起こっても不思議ではありません。

 

できれば関わりたくないバイクトラブルではありますが

実際にパンクした時はどうすれば良いか?

どんな状況でパンクは起こるのか?などを見ていきましょう!

 

パンクの原因

パンクの原因にも色々ありますが

最も多いのが異物が刺さることによるパンクです。

 

ここで異物と言われるものは

クギ、ネジ、鉄くず、ガラス片などの

先が尖ったもの棒状のものです。

 

これがタイヤに刺さることにより、パンクしてしまうのです。

 

 

でも『どうやって刺さるの?』って思った事はありませんか?

 

これにはちゃんと説明できる要因があり・・・

通常、路面に落ちている異物(クギやネジ)はになっています。

その異物を前輪で踏むことにより(立ち上がり)になり

その縦になった瞬間に後輪が踏んで運が悪ければ刺さってしまうんです。

 

なのでパンクは圧倒的に後輪が多いのです。

 

初子
初子
こんな嘘のようなタイミングでパンクって起こるんですね…。

ジジ
ジジ
これはバイクに限らず、車でも同じことなんですよ。


 

この他にも長期使用によるタイヤ自体の劣化

エアバルブの亀裂による空気漏れなどが原因で起こるパンクもあります。

 

また、タイヤの空気は時間と共に自然に抜けていきますので

パンクでは無く『ただ空気が抜けているだけ』って事もあったりします!

 

 

パンクしてしまったら…

もし、タイヤに異物が刺さっているのを発見しても

直ぐに抜かないようにしましょう。

 

タイヤにはチューブレスタイヤチューブタイヤがあり

パンクした時の状況はそれぞれ違います。

 

チューブレスタイヤとは…
チューブが無いタイヤ。気密性に優れているため、チューブが無くても空気圧が保たれる。

チューブタイヤとは…
自転車のタイヤと同じで内側にチューブが入っているタイヤ。

 

チューブレスタイヤの場合、異物が刺さっていても

徐々に空気が抜けていくため、すぐに気付かない場合があります。

 

この徐々に空気が抜けるというのが利点となり

発見後もちょっとした距離であれば走行が可能な場合もあります。

可能な場合がある訳で絶対ではありません。

 

尚、極端に空気の抜けたタイヤでの走行は絶対に止めましょう。

転倒の危険があったり、タイヤ・ホイールを傷める原因にもなります。

下手をすればパンク修理以上の費用がかかりますよ。

 

 

チューブタイヤの場合は、異物が刺さると

チューブレスタイヤより早く空気が抜けてしまいますので

すぐに走行不能となります。

 

短いクギやネジが刺さっている場合は、稀に空気が抜けていない事もあります。

確認する方法として石鹸水水で薄めた洗剤をスプレーボトルで異物が刺さっている箇所にかけてみましょう。

空気が漏れていれば気泡が出来ます。

 

修理はどうする?

パンク修理には二通りあり、プロに依頼するか自分で修理するかです。

一般的なパンクであればチューブレスタイヤで2,000円程度

チューブタイヤは3,000円~とちょっと高め。

 

両タイヤとも車種やタイヤの状況により、高くなる場合あり。

修理時間は15~30分程度です。

 

パンク修理は…
・バイクショップ
・用品店
・ガソリンスタンド
・JAF
・任意保険付帯のロードサービス などで行なってくれます。

 

 

また、市販されているパンク修理キットがあれば

自分でも修理ができますが、あくまでも応急処置であり

そのまま長期間乗るには問題があることも!

応急処置後はショップなどでプロにみてもらうことをオススメします。

 

 
 
 
 

パンク回避&早期発見するコツ

パンクを100%回避する事は難しいですが

ちょっとした事である程度の回避は可能になります。

 

パンクの原因となる異物は路肩にある事が多いのをご存知でしょうか?

路肩をよく見てみると結構な量の異物や砂利、ゴミなどが集まってますよね。

 

この事を知っておけば自然と路肩を走らないようになりますので

パンクにあう可能性も少し低くなりますよ!

 

・・・と言う事は

すり抜けでなどで路肩を頻繁に走行している人は

パンクの確率を高めているかもしれませんね(笑)

 

 

また、早期発見の為には走行後に前後のタイヤを

異物が刺さっていないか、ぐるっと1周目視で確認してみましょう。

 

もし異物に気付かず放置していると

次回乗るときに『パンクしてた』ってことも。

 

ツーリング出発前のパンク発見はショックが大きいですよ…。

 

最後に…

私が過去に乗ったバイクは2回パンクしました!

・1台目・・・約1万km乗ってパンク1回
・2台目・・・約3万km乗って無し
・3台目・・・約2万km乗って無し
・4台目・・・約5万km乗ってパンク1回(現車)

 

このようにパンクする、しないは『運』であり

避ける事はほぼ不可能です。

 

不可能ではありますが

路肩を走らないようにしたり

乗車後のタイヤ点検をしておくだけで

次回乗車する時に困らなくなるでしょう!

 

また、月に一度は空気圧チェックを!