クラブ

ツーリングクラブへの入り方!

Pocket

日本全国には数多くのクラブやチームがあり、日々ツーリングを楽しんでいます。

そんなツーリングクラブに興味を持った事はありませんか?

 

 

ツーリングクラブには・・・

●新たなライダーとの出会い
●ソロツーとは違った楽しさ
●クラブでしか経験できないこと

など、たくさんの魅力でいっぱいです!

 

『興味はあるけど、どうやって入るの?』

って人のために、今回はツーリングクラブへの入り方を紹介しちゃいます!

クラブに入ろうか悩んでいる人は是非参考にして下さい。

 

クラブの探し方

まずはツーリングクラブを探してみましょう。

ツイッター、インスタグラム、ミクシィなどのSNSからも探せますが

オススメはバイクヤードレディースバイクです。

 

こちらには毎日のようにクラブ紹介メンバー募集の情報が掲載されており

登録数も多いので、すぐにお気に入りのクラブが見つかりますよ!

 

そんな数ある中から、楽しく快適に過ごせるクラブを探すには

自分のスタイルに合ったクラブを選ぶことがとても大切です。

 

そこで、以下に挙げる項目が自分のスタイルと合っているかを確認してみましょう!

これが合っていないと参加する機会が減ってしまったり

ツーリングに参加すること自体が億劫になってしまいます。

 


①活動日
自分が走れる日(お休み)とクラブの活動日が同じであるか確認しておきましょう。平日休みの人が日曜や祝日に活動しているクラブへの参加は難しいですよね。

②活動頻度
毎週、月1回、不定期開催とクラブによって活動頻度も異なります。自分が希望するものに近いクラブを選びましょう。

③走行距離
1回のツーリングでどのくらいの距離を走るのか把握しておきましょう。自分の体力や運転技術に合った走りをすることが安全面、疲労面から見ても大切です。

④年齢帯と男女比
クラブのメンバーとあまりにも年齢が離れていたり、同姓メンバーがいなかったり(特に女性)しないか確認しておきましょう。できれば同年代、同姓の多いクラブほうが良いですよね。

⑤その他
ETC車載器の必要性、排気量や車種の制限、高速道路利用の有無なども確認しておくと良いでしょう。

 

 

決まり事を確認する

大所帯のクラブにもなれば決まり事が存在します。内容はクラブによって様々ですが、ルールや規約は必ず確認しておきましょう。一般的なルールやマナーが守れていればOKの所が多いですが、クラブ独自のルールがあったりもします。

例えば…
●未成年者NG
●喫煙者NG
●幽霊部員NG など…

ジジ
ジジ
決まり事はクラブによって異なりますので、しっかり確認しておきましょう。

 

あと、ちょっと気を付けたいのが

『掛け持ち禁止』になっているクラブです。

例えばAクラブとBクラブの2ヶ所に在籍していて、ツーリング日が重なった場合どちらに参加するか選ばなくてはなりません。『行った』『行かない』でトラブルになることもあるようなので、禁止にしているクラブもあります。運営者としてはやはり自分のクラブに参加してもらいたいですよね。


 

入会を申し込む その前に…

では本題となるクラブへの入会方法です。

自分のスタイルに合ったクラブが見つかって、『ココにしよう』と決まったら

募集サイトに掲載してある宛先に『入会させて下さい!』とメッセージを送るだけ!

なんですが・・・

その前にやっておいた方が良いことがあるんです!

 

それは『お試し参加』と言って、入会前にクラブへの体験参加ができる制度の利用です。

 

最近では、ほとんどのクラブがお試し参加を取り入れており

走り方や雰囲気を体験させてもらえます。

 

実際に参加してみないと分からない部分も多く

『思ってたのと違った!』って事も…。

これが入会してからだとやはり嫌ですよね。

 

お試し参加をして納得すればそのまま入会してOKですし

合わなかったら『少し考えさせて下さい』と後日お断りを入れましょう。

 

入会する、しないは体験参加をしてからじっくり考えれば良いので

気になるクラブがあれば、是非お試し参加しちゃいましょう。

 

また、複数のクラブにお試し参加をしても何の問題もありません。

幾つか候補を挙げておき、その中で自分に合ったクラブに決めましょう。

『お試し参加』でツーリングに行こう! Webサイトや雑誌には、数多くのツーリングクラブやチームが紹介されています。 このクラブに入りたいけど『どんなトコ なんだろう?』 ・...

 

最後に…

ツーリングクラブにはソロでは経験できないような事がいっぱいです。

ライダー仲間も増え、バイクについての情報やメンテナンスなど

色々なことを教えてもらえます。

 

もし、少しでも興味があれば気軽に『お試し参加』をしてみましょう!

きっと新しい発見がありますよ。