ツーリング

マスツーリングは何台で走るのが良いの!?

Pocket

※この記事は約分で読めます。

 

複数で走るマスツーリング!

何台で走るのが理想ですか?

 

3~4台?

それとも10台くらい?

いやいやマスツーは30台以上じゃない?

 

 

人によってマスツーリングに対する考え方は違うので

一概に何台がベストとは言えません。

 

ただ、安全面や道路状況を考えた場合

あまり多すぎるのもどうかと私は思います。

 

見た目的には、台数が多いほど壮観なのかもしれませんが

実際のところはどうなのでしょう!?

 

あなたは少数派?それとも多数派?

今回はマスツーリングの理想的な台数についてです。

 

理想的な台数とは…

私は今まで様々な人数でのツーリングを経験しました。

ソロはもちろん、2~3台の少数から30台以上の大人数まで。

 

ここで1つ言えるのは

10台を超えると色々な面でちょっとしんどい!

 

実際にマスツーリングを行う時は

先頭 や 最後尾 を担当する人が必ず居ます。

ジジ
ジジ
これは実際に経験した人にしか分からない
難しさしんどさがあります!

 

この先頭や最後尾の主な役割が『目的地まで安全に誘導(先導)する事』なのですが

誘導以外にも、気にかけないといけない事が色々あります。

例えば・・・
●信号に掛かったり、遅れている人はいないか?
●他の車両が間に入っていないか?
●トラブルやアクシデントが発生していないか? などなど…。

ジジ
ジジ
そりゃもう大変なのよ!
あまりやりたがる人が居ないのも納得ですよね!

 

当然、人数が増えれば増えるほど

信号に掛かったり、何らかのトラブルが発生する可能性は高くなるでしょう。

 

このことを踏まえ

快適なマスツーリングが出来る台数は

4~6台だと私は考えます。

 

 

賑やかな雰囲気が好き!
大勢でワイワイしたい!
みんなで並んで走りたい!

・・・と大人数で走る魅力もたくさんありますが

その裏では様々なデメリットが発生することもあるのです。

 

台数が多い場合の5つのデメリット

①グループが分断されやすい

台数が多いほど信号や交差点でグループが分断されやすくなります。また、間に他の車両が入ったりする事もあり、これが大型車であると前方が見えにくくなるので、ルート間違えの原因にもなります。分断した場合は、後続車を待っておく待機場所にも困りますね。

 

②休憩場所に気をつかう

全車が駐車できるスペースがないと困るので、休憩場所を探すのも一苦労。小さなコンビニでは、自分達だけで駐車場を占領してしまう場合も…。これはさすがに申し訳なく思う💦

 

③飲食店が限られる

『お昼ご飯を食べよう!』と思っても、大人数で入れる飲食店は限られます。お店側としてもいきなりの団体客には戸惑ってしまい、過去に断られた経験が私にはあります。予約が出来るお店を事前に探しておくか、別々の飲食店になる事も覚悟しておきましょう。また、大人数では個別会計に対応してもらえないお店もあるので、代表者がまとめて支払うなどの対応が必要になります。

 

④給油に時間がかかる

日帰りツーリングであっても給油に行かないといけません。全員が同じスタンドで給油したとしても、かなりの時間が必要になります。給油に限らず何をするにしても、大人数での行動は時間が掛かります。

 

⑤他車の迷惑になる場合も…

バイクに乗らない人は、ツーリング中の団体をあまり良く思ってないかもしれません。道路はライダーだけの物ではありませんので、他車への思いやりを忘れず、みんなが気持ちよく使えるように配慮しましょう。また、台数が多いほど相当な排気音になりますので、市街地や住宅街での走行には気を付けたいですね。

 

最後に…

あくまで個人的な考えですが

マスツーリングで快適に走れる台数は4~6台!

 

これくらいの台数であれば

最後尾の人は全員が視界に入り

先頭も気持ちに余裕が出来ます。

 

特に初心者の集まりでマスツーリングへ行く場合は

無理のない人数で実施するように心がけましょう!