バイク

バイクで高速道路を走るとき、初心者が注意したい場所とは!?

Pocket

長距離ツーリングや時間を有効に使いたい時は

やっぱり高速道路を利用するのがベストですよね!

初子
初子
信号や交差点が無いので快適に走れます!

 

ですが・・・

この高速道路、バイク初心者にとっては何かと難所が多い場所でもあるんです。

 

そこで・・・

バイク初心者が高速道路を利用するときに気を付けたい場所

安全に利用する為のちょっとしたコツについて

アレコレ紹介していきます!

 

高速道路で気を付けたい場所

初心者が高速道路で気を付けたい場所は以下の3ヶ所!

ジジ
ジジ
ココではETCがない場合についてです。

 

①発券所(入口)
インターチェンジ入口でチケット(通行券)を受け取る場所。

 

②本線への合流場所
加速車線から本線への合流する場所。

ジジ
ジジ
PAやSAを利用した場合も、同様に本線への合流があります。

 

③料金所(出口)
インターチェンジ出口の料金所。

 

この3ヶ所が初心者にとっての難所です!

 

 

安全に利用する為のちょっとしたコツ!

まずは落ち着いて一つひとつの行動を確実に行ないましょう。

焦っても何も良い事はありません。

 

①発券所(入口
発券機から出るチケットを受け取ったら、料金所を出て左側にあるスペースまで移動しましょう。そこで安全に停車してからチケットを紛失しないようにバッグなどに入れておきます。この時、チケットホルダー付きのタンクバッグがあると何かと便利です。

 

②本線合流場所
本線では100km前後のスピードで車が走っています。低速での合流はとても危険ですので、加速車線で十分に速度を上げてから本線に入りましょう。よく『加速車線は最後まで使って』と言われますが、時と場合により必ずしも守らなくてOKです。本線が空いており十分に加速ができていれば早めに本線に入っても問題ありません。(入れる時に入っておくのが良い)尚、本線に入る時の後方確認はミラーだけに頼らず、直接目視する事も大切です。

 

③料金所(出口)
ココが一番の難所でしょう!出口でする事と言えば・・・

・グローブを外し、チケットと財布を出す。
・精算してお釣り、領収書を受け取る。
・財布をしまってグローブをはめる。

出口ではする事が多いですが、ここで焦ってしまうとチケットやお金を落としたり、最悪立ちゴケなんて事も!後ろで車が待っていても、渋滞し始めても平常心で。精算時に不安があれば必ずサイドスタンドを出しましょう。精算後、財布をしまったりグローブをはめるのは入口の時と同じで、料金所を出た左側のスペースで行なうのが良いですね。

 

 

ETCがあると料金所はスムーズ!

バイクにETC車載器を搭載していれば

チケットを取ったり、財布を出したりという煩わしさから開放されます。

また、現金で支払うよりもETCを利用するほうが料金面でもおです。

 

さらにさらに

ETCには休日割引深夜割引などもあり

頻繁に高速道路を利用する人であればかなりお得になります。

ジジ
ジジ
ETCは助成キャンペーンを利用すると安く取り付ける事が出来ますよ!

 

バイクにETCを取り付けよう! 有料道路を快適に利用するための装備と言えば、やはりETC でしょう! 現金決済だとグローブを外したり、財布を出したりと色々大変で 焦...

 

他にもこんな事に注意しよう!

ジジ
ジジ
料金所や合流以外にも高速道路には気を付ける事がたくさん!

●合流や出口は左側だけではなく右側にある事も。
●二車線の道路が多いですが、一車線区間や三車線以上の場合もあります。
●トンネルの出口や橋の上では強風に注意。
●大型対向車の風圧に注意。(特に一車線区間では気を付けましょう)
●ガス欠注意。GSは50Km間隔を目安に設置されていますが、150km以上無い区間もあります。
●走行中は他車の死角に入らないような位置取りを心掛けましょう。
●渋滞中のすり抜けは事故の元。
●道路に大きな変化が無く一定速度で走り続けているので、睡魔に襲われる事もあります。
●ETCゲートは20km以下に減速して通過しましょう。
●もし、ETCゲートが開かなかったら、停まらずそのままバーの間を通過して係員の指示に従いましょう。
●前方に車線変更や本線へ合流してくる車両があれば進路を譲ってあげましょう。
●日曜日や祝日は混雑しやすい。(特に夕方)

 

 

最後に…

高速道路には信号や交差点が無いのでとても快適に走れますが

気を付けないといけない箇所も多々あります。

 

初心者が1人で高速道路を利用するのが難しい場合

ベテランライダーに引率してもらったり

マスツーリングに参加して少しずつ慣れていきましょう。

 

高速道路を利用できるようになると行動範囲も広がって

ロングツーリングにも行けますよ!