バイク

バイクの運転中にやってしまいそうな違反10選!

Pocket

※この記事は約分で読めます。

 

バイクに乗っている時、何気なくやっていた運転が

交通違反だったと言う経験はありませんか?

 

スピード違反や信号無視は

誰もが知っている違反ですが

『えっ!これ違反なの?』って言う

あまり知られていない違反や

忘れてしまっている違反があるかもしれません。

 

今回はそんな交通違反を紹介してみたいと思います。

もし、知らないのがあったら・・・

 

この運転は違反です!

※反則金は二輪車の金額です。(違反点数はバイクも車も同じです)

①横断歩行者等妨害等

違反点数:2
反則金 :7,000円

信号の無い横断歩道では、歩行者や自転車が横断している時、または横断しようとしている時は横断歩道の手前(停止線があればその手前)で一時停止をして道を譲らなければなりません。

ジジ
ジジ
最近はこの取り締まりをよく聞きますね。

 

②乗合自動車発進妨害

違反点数:1
反則金 :6,000円

停留所に乗客の乗降のために停車していた路線バスなどが、発進の合図(ウインカー)を出した場合、その後方にある車両は発進を妨害してはなりません。

ジジ
ジジ
停車中のバスを発見したら、いつでも停まれるように準備しておきましょう。

 

③泥はね運転

違反点数:なし
反則金 :6,000円

雨の日や雨上がりには『ぬかるみ』『水たまり』には注意が必要です。飛散させて他人に迷惑をかける事のないようにしましょう。

ジジ
ジジ
歩行者や自転車の近くを走るときは特に気を付けましょう。ライダー自身もスリップや転倒の危険がありますよ。

 

④警音器吹鳴義務違反

違反点数:1
反則金 :6,000円

たまに見かける下記の標識『警笛鳴らせ』、これはクラクション(ホーン)を使用する場所である事を示しており、危険でなくてもクラクションを鳴らさなければなりません。


ジジ
ジジ
あまり見かけませんが、山中や見通しの悪い交差点・カーブに設置されています。

 

⑤警音器使用制限違反

違反点数:なし
反則金 :3,000円

上記④とは逆で、必要のないクラクションや使用してはいけない場所で鳴らすと違反になります。ただし、危険を防止するためなどの特別な理由があれば使用は認められます。

ジジ
ジジ
クラクションを使用できるのは、危険を防止する場合と警笛鳴らせの標識がある場所です。なので道を譲ってもらった時などに使う『サンキュークラクション』は原則的には違反になります。

 

⑥自賠責保険証明書の不携帯

30万円以下の罰金

バイクや車を運転する人が必ず入らないといけないのが自賠責保険(強制保険)です。この保険証書は常にバイク(車)に積んでおかないと違反になります。自宅や会社に置いていては何の意味もありませんので必ず携帯しておきましょう。

 

もし、未加入や期限切れの状態で運行すると・・・

違反点数6点1年以下の懲役または50万円以下の罰金です。

ジジ
ジジ
違反点数6点は一発免停ですよ…

自賠責保険と自動車保険の違い ※この記事は約5分で読めます。 バイクや車を運転する人は保険に加入しなければなりません。 ここでの代表的な保険と言えば自賠責保険と自...

 

初子
初子
ここからは高速道路での違反だよ。

⑦通行帯違反(高速道路)

違反点数:1
反則金 :6,000円

高速道路には基本的に『走行車線』『追越車線』があります。追越車線(右側)は前車を追い越すために設けられた車線であるため、追い越しが終わったら速やかに元の走行車線へ戻らなくてはなりません。

ジジ
ジジ
ずっと追い越し車線を走っていると違反になります。

 

⑧通行区分違反(高速道路)

違反点数:2
反則金 :7,000円

路側帯や路肩は車道ではないので走行してはいけません。たまに渋滞中に走っている二輪車を目にしますが、これはれっきとした違反です。故障や事故でやむを得ない場合以外は侵入しないようにしましょう。

ジジ
ジジ
赤い部分を走行すると違反です!

 

 

⑨追越し違反(高速道路)

違反点数:2
反則金 :7,000円

左車線からの追い越しは違反になります。ただし、これは『追い越し』をした場合に限ることで、『追い抜き』であれば違反にはなりません。

追い越しとは…
前方の車両に追い付いた場合に、車線変更をしてその車両の前に出る。

追い抜きとは…
車線変更をせずに前方の車両の横を通過して前に出る。

ジジ
ジジ
追い越しをする場合は、追い越す車両(前車)の右側を通行しなければならないのです。

 

⑩高速自動車国道等運転者遵守事項違反(高速道路)

違反点数:2
反則金 :7,000円

高速道路を使用する際には、事前に車両の点検義務があります。燃料、冷却水、オイル、タイヤの空気圧や溝の深さ、荷物の積載状態など。これらを怠っていたと判断され、ガス欠や荷物の落下を招いた場合は違反になります。

ジジ
ジジ
『ガス欠は運転手の恥』とも言われています。100km以上ガソリンスタンドがない区間もありますので、高速道路ではこまめな給油を心がけましょう。

最後に…

いかがでしたでしょうか?

もし、知らなかった違反や忘れていた違反があって

今まで捕まらなかったのは、運が良かったのかもしれません。

この記事を見て新たな発見があれば幸いです。

 

また、運転中は交通ルールを守るだけではなく

他車に対して思いやりを持った運転を心がけましょう。

マナーの悪い二輪車ほど、よく目立ちますよ!