バイク

ライダー安全カードは必ず携帯しよう!

Pocket

ジジ
ジジ
初子さん
『ライダー安全カード』を持っていますか?

初子
初子
持っていません…

ジジ
ジジ
名前は聞いたことがありますか?

初子
初子
はい、名前は知っていますが
何のカードかまでは知りません…

ジジ
ジジ
『ライダー安全カード』とは、バイクに乗る人は
必ず持っておきたいカードなんですよ!

ジジ
ジジ
今回はライダー安全カードついてです。

 

『ライダー安全カード』とは?


ライダー安全カードとは

緊急時の連絡先が記載されたカードの事です。

ジジ
ジジ
エマージェンシーカード緊急連絡カードとも呼ばれています。

 

バイクは車と違って身体がむき出しの状態で運転していますので

事故に遭った場合、軽傷で済む事はほとんどありません。

 

もし、ライダーが重体になっている事故現場に遭遇した時、あなたならどうしますか?

救急車の要請、警察への連絡はもちろんのことですが

家族へも連絡しなければなりません。

 

この時、事故を起こしたライダーに意識があれば連絡先を聞けるかもしれませんが

意識が無い場合はどうなるでしょう?

警察や救急隊員でも家族への連絡先はすぐには分かりません。

 

そんな一刻を争う時に『ライダー安全カード』があると

家族への連絡が出来るんです。

 

 

カードの内容

では実際の『ライダー安全カード』に書かれている内容を見ていきましょう。

基本はライダー本人の個人情報家族などの緊急連絡先になります。

 

※表面         ライダー安全カード
名 前(フリガナ) (         )男 ・ 女 
生年月日(西暦)    年    月    日(    才)
血液型 A  B  O  AB(RH + - 不明)
常用薬  
その他  

 

※裏面 緊急連絡先 氏 名 本人との関係
     
     
     
     
     

※上記の内容は一般的な記載事項になります。
緊急連絡先に家族を記入するのは勿論ですが、親戚なども含め最低でも3名は記入しましょう。
書式に決まりはありませんので、上記の必要事項が記載されていればメモ用紙名刺裏の空きスペースを利用しても問題ありません。

 

ライダー安全カードを入手

 

カードの必要性


マスツーリング(複数)をしていても

一緒に走っているライダーの緊急連絡先まで把握している人はまずいないでしょう。

 

最近ではSNSで知り合った方々とツーリングに出かける人も多いようで

そうなると連絡先はおろか本名すら知らない…と言う事もありえます。

 

ソロツーリング、マスツーリングに関係なく『ライダー安全カード』は必ず携帯しましょう。

ツーリング主催者の方は『ライダー安全カード』の携帯を参加者に義務付けるのも良いですね。

 

 

カードの携帯場所について


ライダー安全カードを携帯する場所に決まりはありませんが

財布の中、もしくは免許証の近くに入れておきましょう。

 

昔は財布と免許証は別にしておく事が多かったようですが

最近では財布の中に免許証を入れている方がほとんどです。

 

ライダー安全カードは場所を取るものではありませんので

財布の中にいつも入れておきましょう。

 

 

最後に…


ライダー安全カードは御守りのようなものです。

強制されて持つものではありませんが

いざと言う時のために必ず財布の中に入れておきましょう。

また、バイクに乗る時だけではなく常に携帯しておくことをオススメします。